院内設備

ボディーチェッカーについて

施設写真

 血管の硬さ(血管年齢)に加え、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスからストレスの度合いを評価できます。指先にセンサーを付け、約3分間で測定します。


サーモグラフィー機器について

機器写真

 当クリニックでは、医療用サーモグラフィー機器を導入しています。                   

 サーモグラフィーとは、体の体温バランスを色で表示し画像にすることで、より分かりやすく体のバランスを理解することが出来ます。例えば、痛みなどの障害のある部位では体温が上下し左右差が出ることが多くあります。当院のサーモグラフィーの特徴としては、測定機器が自動で上下するため、一度に広範囲を測定することができます。また、サーモグラフィーは乳癌の診断にも用いられています。

※サーモグラフィー検査をする場合、衣類を一部脱いでいただく必要があります。(検査専用個室あり。)


スーパーライザーについて

 当院では、光によるやさしい治療も行っています。

 患者さんの中には注射を怖がられる方もおられますので、そのような方には、光による治療は痛みも感じずに治療を行うことができます。照射できる部位は様々で、照射部位周辺の血流が良くなって温度が上がり、痛みを和らげる効果があります。星状神経節に照射を行うことで、頭頚部・上半身の血流が良くなることが示されています。                         


C-アーム装置(外科用X線テレビシステム)

 当クリニックでは、神経ブロック療法、カテーテル治療などを安全に行うため、C-アーム装置を設置いたしております。
 神経ブロック療法の中には安全に行うために、X線で確認を行いながら針を進めたり、また、造影剤(X線に写る液体)を用いて針先の確認を行う必要があります。
 また、当クリニックでは、X線で確認が行い易い特殊なベッド(カーボン製)を導入しております。